活用事例

ハラコートーヨー住器株式会社 代表取締役社長 原田貴樹 様

ハラコートーヨー住器株式会社 代表取締役社長 原田貴樹 様

中途入社社員は経歴やスキルもバラバラ。
LIXILアカデミーはコースやスケジュールが豊富で、オンデマンドで活用できる。

ハラコーは新卒だけでなく、中途入社社員も多く、経歴やスキルがバラバラなので、研修カリキュラムやスケジュールが豊富で、オンデマンドで活用できるLIXILアカデミーを幅広く活用しています。新入社員には春秋2回、職種や経歴に合せて、LIXILアカデミーの商品知識研修や現場調査研修を受講させると共に、例えば営業職でも経理や業務も経験させるなど、仕事の全体像の中での自分のポジショニングを理解し、後工程部門とコミュニケーションできるような自社研修を実施し、2軸で教育しています。
アカデミーの研修では、他のマドリエとの仲間づくりやコミュニケーションができる事も良いし、自分が受けた取付研修では、他の受講者から様々な技法や作業効率化のアイデアももらえましたね。特に業務担当は、サッシ以外の商品現物見る機会が限られるため、研修で自分の仕事への納得感が得ているようです。

リフォームはスピードが決め手!自社の機能強化で市場ニーズに応える。

リフォームは、いよいよスピードが決め手になってきました。現地調査と工事スケジュールを確保ができるかどうかで、勝負が決まるので、現地調査研修や取付研修を活用し、急ピッチで機能強化を進めています。自分もシステムバス、キッチン、トイレ取付研修を受講してみましたが、できれば都内に研修施設があると、ありがたいですね。組織的には、これまでセールスと1対1だった営業アシスタントの一本化に踏み切り、どこの工務店にも対応できる多能工化を実現し、シームレスに即応できる体制へ向かって進めています。

若手育成には、マネージャー層の教育が必須。

マネージャー層は、若手育成の為の教育は十分に受けていないので、自分が教えられたように、若手に教えようとしてしまう。人材確保の上で、標準レベルの人材に、標準的な成果をきちんと出してもらう為には、潜在能力を引き出すチーム組織づくりが必要と考えています。その為に、マネジメントとコミュニケーションを高め、部下の成長プロセスに応じたコーチングができるよう、担当営業所長と研修会を開催しています。マネージャー層のレベルを高めることで、若手の定着と成長につながると思っています。

BACK TO TOP